[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

カルキ汚れはクエン酸でとれるの?クエン酸を使った手軽な掃除方法

クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれる成分です。

 

弱酸性で、掃除の強い味方なのをご存じですか?

 

カルキ汚れを取ってくれるのですよ。

 

カルキ汚れとは、一般に言う『水垢』のことですね。

 

・キッチンや洗面台、お風呂場など白くなって、なかなか取れずに困っている方

 

・ポットやケトルを利用の方は、中が白くなっていてどうしたらよいのか悩んでいる方

 

・加湿器や食器洗浄機のお手入れ方法が知りたい方

 

おすすめなのが、クエン酸ですよ。

 

お店にはさまざまな掃除用品が販売されていますが、クエン酸で簡単にキレイになるので、使い方をご紹介しますね。

クエン酸でのカルキ汚れの掃除方法

カルキ汚れの原因は、水道水の中に含まれる、カルシウムなどのミネラル分が付着し固まったものです。

水分は蒸発すると消えてしまいますが、ミネラル分は放置しても分解しないので残ってしまうのですよ。

 

カルキ 汚れ

 

最初は薄っすら白いくらいですが放置するとだんだん積み重なり、落ちにくくなります。

カルキ汚れは水垢とも呼ばれますが、簡単に退治するのがクエン酸ですよ。

 

クエン酸

 

水垢はアルカリ性を示し、クエン酸は酸性を示すので、中和することにより、汚れを浮き上がらせてキレイに取り除くことが出来るのです。

クエン酸は天然由来のものなので、肌や環境にも優しく、購入もドラッグストアや100均など身近なところにあるので手軽に利用出来るアイテムですよ。

 

クエン酸の取り扱い
【準備するもの】
カルキ クエン酸掃除 
・クエン酸
・水
・スプレーボトル
・スポンジ
・小さじ
・計量カップ
・キッチンペーパーかティッシュペーパー

【作り方】

①スプレーボトルに水を200cccはかって入れる

②クエン酸を小さじ1入れる

③スプレーボトルのキャップを閉めてよく混ぜれば出来上がり

【使い方】
①汚れている場所にペーパーを広げる
クエン酸掃除 スプレー
②クエン酸の液を、スプレーボトルでペーパー部分にかける
③そのまま1~2時間放置
④スポンジでこする
⑤水洗いして完了
作り方も量って混ぜるだけなので簡単ですよね。
キッチンペーパーやティッシュペーパーを広げることにより、液がしっかりと水垢に吸着し、液が垂れるのを防いでくれますよ。
1~2時間程経って、スポンジでこすると、頑固にくっついていた水垢も、中和され浮き上がっているので、スポンジでこすると簡単に落ちるようになっています。
ひどい汚れの場合は、1度では落ちないこともあるのでその場合の対策方法もありますよ。

汚れのひどい場合

カルキ汚れ ひどい場合
・クエン酸の濃度を高くする
水200㏄に対し、小さじ2にしてみてください。
濃度を高くして、試してみてくださいね。
あまり濃度を上げ過ぎると、ベタベタして扱いずらくなるので、調整しながら使ってみてくっださいね。
・ラップでパックする
クエン酸 ラップパック
ペーパーを広げ、スプレーボトルで液をかけた後、ラップを上から巻いてください。
乾燥を防げるので、一晩そのまま放置することが出来ます。
クエン酸の液をしっかりかけ、一晩おくと、かなりの効果が見込めますよ。
こすってみて、後は何度か繰り替えることで、キレイになっていきます。

クエン酸でカルキ汚れを掃除したい3つの家電編

キッチンや洗面台、お風呂場はクエン酸でピカピカですね!
他にも水を使うことで、カルキ汚れが気になる箇所はありますよね。
悩みが出てくるのが、ポットやケトル、加湿器や食器洗浄機などという声をよく聞きます。
日々使っていると、少しづつ汚れが付着し、取れにくくなるのですよね。
基本のクエン酸の使い方は同じですが、3タイプの家電のクエン酸での掃除方法をご紹介しますね。
ポット・ケトル編 
①ポット・ケトルに水を貯める
カルキ汚れ ケトル
②クエン酸を大さじ1を目安に入れる
③沸騰させ、1~2時間放置
④水を捨てて、落ちていない部分はスポンジでこする
④カルキが取れてきたら、水ですすぐ
⑤水を入れて再び沸かし、水を流せば完了
日々使うものなので、定期的にクエン酸で掃除を行うと、ピカピカが保たれて、美味しいお茶がいつでも飲めますよ。
1~2ヶ月に1度月初めに掃除するなど、ご家庭で決めていると忘れることもなく、キレイが保たれますね。
加湿器編
カルキ汚れ 加湿器
①加湿器のタンクやトレー、フィルターを取り外す
②バケツに水をはり、1ℓの水に対し、クエン酸大さじ1を目安に入れる
③1~2時間付け置きする
④水洗いし、汚れが残っている場合はスポンジなどでこする
⑤水気をふき取り、よく乾燥させてから、加湿器本体に組み立てる
加湿器のタンクやトレイ、フィルターの掃除は定期的にしないと、水垢だけでなく、カビの発生が心配です。
乾燥を防ぐために加湿しているのにカビが発生すると、一緒に舞い散ることとなり大変です。
タンクに水を入れる際など、細目に洗浄し、定期的にクエン酸を使い、漬け込み洗いも行うことをおすすめします。
洗った後はしっかり乾燥させましょうね。
濡れているとカビの発生が考えられるので注意しましょう。
食器洗浄機編
カルキ汚れ 食器洗浄機
①食器洗浄機の残さいコーナーのゴミを捨てる
②クエン酸を大さじ3~4入れる
③お手入れコースがある場合は、お手入れコースで洗浄開始(ない場合は通常コースで大丈夫)
④洗浄後、中の付属品に汚れが残っている場合は取り出し、クエン酸液で漬け込むか、スプレイボトルで噴射し様子をみる
⑤水洗いして、よく乾かし、食器洗浄機本体に組み立てる
【食器洗浄機でクエン酸を使う際の注意点】
食器洗浄機 クエン酸の注意点
・クエン酸は酸性なので、金属をサビさせることがあります。
取り扱い説明書で、クエン酸を使っても大丈夫なのかを確認してくださいね。
・クエン酸を使用後は、しっかりとクエン酸を洗い流しましょう。
残ったままだと、故障や劣化の原因となることがあるので注意してくださいね。
・他の洗剤と、クエン酸を混ぜて使うことはしないでください。
組み合わせによると、有害ガスを発生する危険があるためです。
食器洗浄機は、食器をキレイにする機械なので、機械自体が汚れていては問題です。
水垢が付きやすいので、定期的な掃除を行い、しっかりと内部を乾燥させておくことが肝心です。
水気が残ることにより、カビも発生するので気を付けましょうね。
注意点も3点あげましたが、取り扱い説明書をしっかりと読み、安全にご使用ください。
クエン酸での掃除方法を見てきましたがいかがでしたか?
『クエン酸と水を混ぜて待つ』が基本となります。
クエン酸掃除 時計
こするのも、中和されているので取れやすくなっているはずですよ。
せっかくキレイに掃除した後は、定期的にクエン酸掃除を取り入れ、頑固な水垢になる前に、退治することをおすすめしますね。
日々のひと手間でお掃除も手軽になりますよ。
是非、クエン酸でお手軽掃除してみてくださいね!
水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます