フレシャスウォーターサーバーのノルマはいくら?実際に計算してみた!

ウォーターサーバーを利用する時に知っておかなくちゃいけないのが”ノルマ”です。

 

 

フレシャスの利用を開始して、

「毎月こんなに料金を支払わなきゃいけないの!?」

なんて、驚きと後悔をダブルで感じたくないですよね。

 

 

そこで今回はフレシャスのノルマについて詳しく解説します。

 

そもそもノルマがあるのかないのか、
ノルマがあるならひと月にいくらかかるのかをお伝えするので参考にしてみてください!

 

[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

公式サイトによるとフレシャスのノルマなし!?

フレシャスの公式サイト

 

フレシャスの公式サイトを確認してみると”ノルマはございません”と記載されています。

公式サイトによるフレシャスのノルマの有無

 

 

しかし、よく見ると1週毎〜4週毎の配送周期を選ぶことになっているので実質ノルマはあるようです。

 

ここでフレシャスのノルマについて調べたことをまとめてみました。

フレシャスのノルマについて
  • 1週毎〜4週毎の配送周期から選択
  • 定期配送のスキップ可能
  • ただし2回以上連続のスキップは翌月1,000円のペナルティ

 

フレシャスはノルマはないと言っていますが、配送周期を選ぶ必要があり、連続スキップにペナルティがかかるので実質的に”ノルマ”と表現していいと思います。

 

 

フレシャスのノルマでひと月いくらの出費になる?

 

フレシャスの配送は1回1箱(4パック)単位です。

つまり、最低でも4週間に1箱(4パック)の水を注文する必要があるんですね。

 

 

例えば、フレシャス・デュオで『FRECIOUS富士』の水を飲む場合の最低出費額を考えてみましょう。

FRECIOUS富士:1,155円/1パック
FRECIOUS富士×4パック=4,620円
サーバーレンタル代:500円
総出費額:4,620円+500円=5,120円
4週間(約1ヶ月)で5,120円の出費

 

フレシャスはひと月のお水の注文数が0〜1箱の場合500円のサーバーレンタル代が加算されます。

 

ひと月の最低出費額はお水代とサーバーレンタル代を合わせて5,120円。

 

普通にフレシャスを利用すると5,000円以上の出費は確実となります。

 

フレシャスの定期配送スキップを利用した場合の出費は?

 

フレシャスの定期配送はスキップできます。
※連続スキップは1,000円のペナルティ

 

ペナルティを受けないように、配送とスキップを繰り返したときの出費額を見てみましょう。

FRECIOUS富士:1,155円/1パック
FRECIOUS富士×4パック=4,620円
サーバーレンタル代:500円
2ヶ月の出費額:4,620円+500円+500円=5,620円
1ヶ月あたりの出費額:2,810円

 

約2ヶ月(8週間)で1箱にすると2,810円まで出費を抑えることができます!

しかし、ここで問題になるのがお水の量ですよね。

 

 

定期配送をスキップする場合だと2ヶ月に4パックのお水しか飲むことができません。

1パック7.2Lなので4パックで28.8L。

8週間は56日なので1日あたり500mlの水しか飲めない計算になります...

 

 

1日500mlとなると一人暮らしでギリギリくらいの量だと思います。

 

二人暮らし以上になると水の取り合いになっちゃうくらい少ない量ですよね(笑)

 

 

フレシャスを利用する場合は、
『月額5,000円以上の出費』or『少ない水の量で我慢』の2択から選ばなければいけません。

 

 

ノルマ無しのウォーターサーバーってあるの?

ノルマ無しのウォーターサーバーはある?

ノルマがあるのはフレシャスだけではありません。

ボトルやウォーターパックがお家に配送されるタイプのウォーターサーバーにはノルマが設定されています。

 

 

しかし、水道直結型ウォーターサーバーと呼ばれるウォーターサーバーにはお水のノルマが設定されていません。

水道直結型ウォーターサーバーとは?
  • 水道水をサーバー内のフィルターでろ過して使用
  • 水道から自動で水を補給
  • 定額料金で飲み放題

 

水道直結型ウォーターサーバーは、あらかじめ定額料金を支払っておくことで無制限にお水を飲むことができます。

ファミレスのドリンクバーみたいなものをイメージしてもらえたらと思います。

 

 

また、お水を飲むと水道からお水が自動で補給されるので、ボトル交換などの必要はありません。

 

 

ここで気になるのが水道代だと思いますが、
水道代が高いと言われている東京でも1Lあたり0.2円です。

例えば、ひと月に100Lのお水を飲んだとしても20円の水道代しかかからないんですね。

 

だから、どれだけお水を飲んでも水道代の請求額が跳ね上がることはありません。

 

 

水道直結型ウォーターサーバーの相場料金をチェック!

水道直結型ウォーターサーバーの相場料金をチェック

水道直結型ウォーターサーバーの相場は3,000円〜4,000円前後です。

 

どのメーカーの水道直結型ウォーターサーバーを利用してもフレシャスより安く抑えられますが、その中でもオススメの3メーカーをご紹介します。

 

①ウォータースタンド

水道直結型ウォーターサーバーのウォータースタンド

ウォータースタンドの特徴
  • 月額3,980円で冷水・温水・常温水が飲み放題
  • 1年に2回の無料訪問メンテナンス
  • 無料お試し実施中
  • 一部未対応地域あり

ウォータースタンドは冷水・温水に加えて常温水も飲むことができます。

 

常温水は冷え性だったり知覚過敏の方にオススメですし、常温水を飲むことで健康効果も期待できます。

 

 

SNSでもかなり評判良いですし、お水も天然水に負けないくらい美味しいんですよ!

 

無料お試しを実施しているので、あなたのお家でもウォータースタンドを試してみてくださいね!

冷水・温水・常温水が飲み放題のウォータースタンドを試してみる⇛

 

②ピュレスト

水道直結型ウォーターサーバーのピュレスト

ピュレストの特徴
  • 月額2,980円で冷水・温水が飲み放題
  • 自動クリーン機能搭載
  • 無料お試し実施中
  • 全国に対応

 

ピュレストは業界最安値の月額2,980円で利用できるウォーターサーバーです。

 

ホントに2,980円でお水が飲み放題だから驚きですよね。

 

フレシャスでお水を節約しまくるのがバカに思えてくるくらいコスパが最強なんです。

 

 

ピュレストも無料お試しをしているので、ウォータースタンドと時期をズラしてお試ししてみてください!

業界最安値のピュレストを自宅で使ってみる⇛

 

③クールクー

水道直結型ウォーターサーバーのクールクー

クールクーの特徴
  • 月額4,200円で冷水・温水が飲み放題
  • 1年に1回の無料訪問メンテナンス
  • 全国に対応

クールクーの特徴はそのタンク容量にあります。

 

クールクーのタンク容量は6L(冷水3L、温水3L)。

 

フレシャスのタンク容量は3L(冷水1.5L、温水1.5L)なので、2倍ものタンク容量があるってことですね。

 

タンク容量が大きいことのメリットはお水がぬるくなりにくいことです。

 

大家族だったりお友達がお家に集まることが多いならクールクーがオススメですよ!

大人数向きのクールクーを公式サイトで詳しくチェックする⇛

 

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます