ポットを使う湯冷まし作り方は?注意して欲しい1つのポイント

 

ポットを使って湯冷ましを作るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

もし水道水を使って湯冷ましを作るのであれば、1つだけ注意して欲しいポイントがあります。

 

 

 

特に赤ちゃん用のミルクに使ったり、お子さんや妊婦さんが飲む湯冷ましを作る場合は必ずチェックしてみてくださいね。

 

 

[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

ポットで湯冷ましを作る時の注意ポイント

ポットで湯冷ましを作る時の注意点を知りたい女性

 

お湯を沸かすと水道水の”塩素”を除去できるのは有名な話ですよね。

 

 

しかし、水道水中に含まれる人体に悪影響を与える物質は塩素だけじゃありません!

 

 

 

”トリハロメタン”という成分を聞いたことはありますか?

 

トリハロメタンは一時期、発がん性があるかも知れないということで話題になりました。

 

トリハロメタンに発がん性はある?

WHO(世界保健機構)では発がん性を示す確証はないとされていますが、仮にあったと仮定して一生涯飲み続けても発がん率が10万分の1を越さないレベルを水質基準に設定されています。

 

 

 

水道水のトリハロメタンに発がん性があったとしても発がんする可能性は限りなくゼロに近いですが、、、

 

 

水道水を約5分沸騰させた時点では、
トリハロメタンの濃度が一時的に上昇してしまうんです!

 

 

かと言って発がんする可能性は限りなくゼロに近いのですが、赤ちゃんや体が弱い方に湯冷ましを飲ませるのは少し心配ですよね。

 

 

 

だから安全に安全を重ねるなら、
水道水を10分以上沸騰させてください。

 

 

10分以上沸騰させることで水道水中のトリハロメタンを除去することができます!

 

 

 

100%安全な湯冷ましを作るなら、ポットのお湯を鍋ややかんに移してから再度10分以上沸騰させることをオススメしますよ。

 

 

ポットで湯冷ましを作るのは面倒...

ポットで湯冷ましを作るのが面倒だと感じている女性

 

より安全な湯冷ましを作るのは結構面倒。

 

 

ポットで沸かしたお湯をもう一度10分以上沸騰させないといけないですからね。

 

 

 

もし、簡単に湯冷ましを作りたいならウォーターサーバーが一番オススメですよ!

 

 

ウォーターサーバーは冷水と温水を出すことがでます。

 

 

その冷水と温水を混ぜれば数秒で湯冷ましを作ることができます。

 

 

 

赤ちゃん用ミルクも1分ほどあれば作れちゃうので、家事の時短ができて大助かりですよ!

 

 

毎日湯冷ましを作るようなら、ウォーターサーバーも検討してみてくださいね。

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます