プレミアムウォーターは冷たくないの?考えられる2つの原因を考えてみた

 

プレミアムウォーターのお水が冷たくないと噂されているのはなぜ?

 

 

プレミアムウォーターの冷水は、機種にもよりますが6〜8℃のお水が飲めるようになっています。

 

でも、使い方次第ではこの冷水がぬるくなってしまうことがあるんですね。

 

 

そこで今回は、プレミアムウォーターが冷たくなくなる原因を2つお伝えします。

 

逆に言えば、この2つの原因さえ取り除けばキンキンに冷えた水を飲めるってことですよ!

 

 

[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

プレミアムウォーターのお水が冷たくない2つの原因とは?

プレミアムウォーターが冷たくない2つの原因を伝える人

ここでお伝えする2つの原因さえ抑えておけば、プレミアムウォーターで冷たいお水を飲むことができるはずです!

 

たった2つの原因なのでササッと目を通してみてくださいね〜

 

原因①一度に冷水を使いすぎている

グラス1杯とかではなく、1L近くの冷水を一度に使うとお水がぬるくなってしまいます。

 

 

プレミアムウォーターのタンク内の冷水は6℃とかに保たれていますが、ボトルに入っているお水は常温ですよね。

 

冷水を一度に沢山使うと、ボトルに入っている常温のお水が一気に流れ込んできてタンク内の冷水と混ざるのでどうしても冷水の温度が上がります。

 

 

対策として”一度に沢山の冷水を使わないこと”しかできないのが現状ですね。

 

 

原因②タンクとボトルが空の状態で新しいボトルを設置した

プレミアムウォーターを使っているとボトル交換が面倒でサボってしまうことがよくあります(笑)

 

 

使いはじめの方は素直にボトル交換をするのですが、

使い慣れてくると「タンクの中にもうちょっと水が残っているからまだ交換しなくていいか」と頭を使ってラクをしてしまうんですね。

 

 

そのような使い方をして、タンクとボトルの水が空っぽになってから新しいボトルに交換すると約30〜40分は冷たいお水を飲むことができません。

 

新しいボトルの常温のお水が十分冷やされるには30〜40分の時間が必要なんです。

 

 

だからプレミアムウォーターを利用しはじめた時は、ボトル交換をサボらずにすると常に冷たいお水を飲むことができますよ!

 

実際にプレミアムウォーターのボトル交換をサボらずできる?

プレミアムウォーターのボトルは12Lですから重さは12kgあります。

 

 

12kgと言われてもなかなか想像しにくいと思いますが、2Lペットボトルのお水を大きな買い物袋に6本入れて持ち上げた状態をイメージしてみてください。

たぶん買い物袋の持ち手が手のひらに食い込んでくるレベルで重たいはずですよね。

 

 

このように考えると12Lボトルを持ち上げてプレミアムウォーター本体にセットするのは結構な重労働なんです。

 

 

 

華奢な女性が無理に持ち上げてしまうと、腰などを痛めてしまう可能性も考えられます。

 

 

だから、ボトル交換をサボるつもりがなくても、結果的にボトル交換していない状況が続くなんてこともあり得るんですよね。

 

 

そこで、1つオススメなのがボトルを使わないタイプのウォーターサーバーを使ってみることです。

 

 

ボトル交換が不安なら水道直結型ウォーターサーバーも候補に!

ボトル交換がラクな水道直結型ウォーターサーバーを喜ぶ女性

ボトルを使わないウォーターサーバーは水道直結型ウォーターサーバーと呼ばれています。

 

 

水道直結型ウォーターサーバーは、水道から自動でお水を補給するのでタンク内のお水が空っぽになることがありません。

 

1つの手間もなくお水を補給できるんですよ!

だから、キンキンに冷えたお水が飲めるまでに30〜40分も待つ必要がないんです。

 

 

水道直結型ウォーターサーバーも一度に沢山のお水を使うとぬるくなってしまいますが、沢山使った後でもボトル交換が必要ないのでプレミアムウォーターよりもラクに使えますよ。

 

 

それに、水道直結型ウォーターサーバーは”定額料金で飲み放題”だから、プレミアムウォーターのようにお水の量を気にして喉の渇きを我慢することもありません。

 

 

もし、水道直結型ウォーターサーバーにも興味があるようでしたら、オススメの3機種をご紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

 

①ウォータースタンド

水道直結型ウォーターサーバーのウォータースタンド

ウォータースタンドの特徴
  • サーバーレンタル代:3,980円/月
  • 1年に2回の無料訪問メンテナンスあり
  • 無料お試し実施中
  • 一部未対応地域あり

 

プレミアムウォーターでも美味しい水を飲めますが、ウォータースタンドでも十分美味しいお水を飲めるんですよ!

 

 

 

 

このようにSNSでの評判も良いから、きっと飲んでみて満足するはずです。

 

 

実際にウォータースタンドのお水の味が気になるなら、無料お試しを申し込んでみてください。

 

無料お試しだけの利用でもOKなので、気軽にウォータースタンドがある生活を体験してみましょう!

美味しく冷たいウォータースタンドを無料で試してみる⇒

 

 

②ピュレスト

水道直結型ウォーターサーバーのピュレスト

ピュレストの特徴
  • サーバーレンタル代:2,980円/月
  • 自動クリーン機能搭載
  • 無料お試し実施中
  • 全国に対応

 

美味しいお水を超低価格で飲みたいならピュレストがオススメです。

 

 

月々2,980円だから、プレミアムウォーターよりも今回お伝えする他の水道直結型ウォーターサーバーよりも利用料金を安く抑えられます。

 

ピュレストも1週間の無料お試しができるので、月々2,980円でどれほど美味しいお水が飲めるのか舌で感じてみてくださいね!

格安で冷たい水が飲めるピュレストを無料お試しでチェックする⇒

 

③クールクー

水道直結型ウォーターサーバーのクールクー

クールクーの特徴
  • サーバーレンタル代:4,200円/月
  • 1年に1回の無料訪問メンテナンス
  • 無料お試し実施中
  • 全国に対応

クールクーはお水がぬるくなりにくいウォーターサーバーです。

 

 

なぜ、ぬるくなりにくいのかというと、クールクーには6Lの大容量タンクが搭載されているから!

 

お水を一度にたくさん使ってもタンクが大きい分だけ温度がぬるくなりにくいんですね。

 

 

もし、お水を沢山飲んだりするのであればクールクーを使うとキンキンに冷えたお水が飲みやすくなりますよ!

 

ただ、ウォータースタンドやピュレストのように無料お試しは実施していないので、公式サイトで詳しい情報をチェックしてみてください。

いつでもキンキン!?クールクーを公式サイトで詳しくチェックする⇒

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます