時短で完成!手間を取らせない麦茶の作り方とは?

麦茶ってペットボトルで買うより、
パックから作ったほうが断然安いですよね!

 

 

 

特に夏の熱中症が多いシーズンは麦茶は手放せませんし、麦茶をパックから作ることがかなり家計を助けてくれます。

 

 

しかし、1つ気がかりなのは麦茶を作る時に”時間がかかる”ことではないでしょうか?

 

 

 

そこで今回は、短い時間で完成する麦茶の作り方をシェアしたいと思います!

 

 

[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

短時間で出来上がる麦茶の作り方のポイント

短時間で作った麦茶

 

麦茶を作る時は基本的に次のような手順を踏むと思います。

  1. お湯を沸かす
  2. 5分〜15分煮出す(メーカーによる)
  3. パックを取り出して冷蔵庫で冷やす

 

 

この中で特に時間がかかるのが”お湯を沸かす”手順ですよね。

 

 

やかんや鍋でお湯を沸かすのはどうしても時間がかかってしまいます。

 

就寝前や早朝だとなおさら時間がなくて面倒に感じてしまうこともあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

そこで麦茶作りの時間を短縮させる1つのポイントがこちら!

 

 

 

少量のお湯で麦茶パックを煮出す

 

 

 

麦茶パックを煮出すには、麦茶パックがヒタヒタになるよりちょっと多めのお湯があれば十分なんです。

 

 

麦茶パックがヒタヒタの状態で5分〜15分置いておいて、その後に浄水器のお水やペットボトルのお水を追加すれば簡単に大量の麦茶を作ることができます。

 

 

 

このように、少量のお湯の量でお茶を煮出せば、沸騰させるまでに時間がかからないのでオススメの作り方ですよ!

 

 

 

麦茶作りの時間を短縮させる2つの便利なアイテム

麦茶と作る時間

 

麦茶作りの時間をさらに短くさせたい場合は電気ケトルを使いましょう。

 

麦茶作りにオススメな電気ケトル

 

電気ケトルがあれば、やかんや鍋の半分以下の時間でお湯を沸かすことができます!

 

 

 

しかも電気ケトルはAmazonやニトリなどで2,000円前後で購入できるからコスパは悪くないと思いますよ。

 

 

 

 

もう1つオススメなアイテムはウォーターサーバーです。

 

短時間で麦茶を作れるウォータースタンド

 

 

ウォーターサーバーがあれば待ち時間ゼロでお湯を出すことができます。

 

 

 

冷水も使うことができるので、
お茶を煮出した後に追加するお水に困ることもありません。

 

 

 

冷水と熱湯の両方を0秒で使えるウォーターサーバーについてもちょこっとチェックしてみてくださいね!

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます