ウォータースタンドは水道水を温めたり冷やしたりするために、電源をコンセントにさす必要があります。

 

 

家電製品の取付けで気にすることは少ないですが、コンセントにさすときのNG行為を避けておかないといけません。

 

 

 

家電と同じように、コンセントに差し込めばいいんじゃないの?

 

 

 

コンセントに差し込むだけでOKですが、事故にならないよう注意しておきたいポイントがあるんです。

 

 

 

 

一度コンセントにさしてしまうと、別の場所に差し替えることはまずありませんよね。

 

 

 

だからこそ、この記事でまとめているウォータースタンドのコンセントを安全に取り扱うポイントを参考にしてみてください。

 

 

 

ウォータースタンドのコンセントの仕様

 

ウォータースタンドのコンセント
  • 長さ:約1.6m
  • ボルト:100V
  • 形状:Aタイプ(一般的なコンセント)

 

ウォータースタンドのコンセントの長さ

 

 

ウォータースタンドは一般的な家庭用コンセント(100V)につないで大丈夫です。

 

 

ただし、壁に直接つなぐことが基本

 

 

 

延長コードやコーナータップにいくつもさして使うことはできないので注意してください。

 

 

 

家電なんだから、たこ足配線でもいいんじゃないの?

 

 

 

ダメとは言いませんが、基本的には避けた方がいいものです。

 

 

 

それには次の理由があるからです。

 

 

 

ウォータースタンドのたこ足配線を避けるべき本当の理由とは?

ウォータースタンドのたこ足配線を避ける理由

 

ホコリがたまる

 

たこ足配線したコンセントは、たいてい電化製品や家具の後ろに追いやられますよね。

 

掃除機も届かずにそのままホコリまみれ・・・、なんていう家庭はわが家だけではないはず。

 

 

 

条件がそろえば火事になることもあるので、気を付けたいですね。

 

 

さらに、たこ足配線が危ないのは、ホコリだけではありません。

 

 

定格容量をオーバーしている

 

延長コードやコーナータップは、「1200W」や「1500W」など一度に使える定格容量が決められています。

 

 

その延長コードにつないでいい合計のワット数を超えないようにする必要があるんです。

 

 

 

差し込み口が3つあるからといって、すべてに接続していいというものではないんですね。

 

 

延長コードにコーナータップを付けて、一か所のコンセントを増やす、なんてことをしていると、、、

 

 

 

たこ足配線

 

 

 

まず定格容量をオーバーしていますね。

 

 

 

ウォータースタンドを安全に使うためのコツ

ウォータースタンドを安全に使うために

 

コンセントに近い位置にウォータースタンドを設置する

 

ウォータースタンドをコンセントに近いリビングに置いたとします。

 

そうすると、コンセントには近くても蛇口から遠くなる場合もありますよね。

 

 

 

蛇口から遠くてもいいの?

 

 

大丈夫です。

 

 

 

ウォータースタンドは最長30mまで伸ばすことが可能。(ナノラピアシリーズ)

 

30mというとバスの約3台分ですから、一般的な家の広さでしたらどこに設置しても届く範囲です。

 

 

延長コードを使う

 

 

たこ足配線はダメって言ったじゃない!

たこ足配線に怒っている女性

 

と思っているかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

 

 

ウォータースタンドの電源1つだけを差し込むんです。

 

1つだけなら定格容量を守れるので延長コードでも大丈夫。

 

 

 

差し込み口が空いていると繋ぎたくなるなら、こういう1箇所だけの延長コードを使うといいですよ。

 

1口の延長コード

 

 

 

注意点
わが家でも使っているナノラピア ネオは定格300Wですが、ナノラピア マリンは定格1400Wなので、延長コードの定格容量には特に注意してください。

 

 

 

タンク式サーバーを使う

 

コンセント基準で考えて蛇口との接続が難しいようなら、タンク式サーバーを使うという手もあります。

 

ウォータースタンドでは、水道直結以外にも、このようなタンク式サーバーを準備しています。

 

 

ウォータースタンドのタンク式サーバー

 

 

蛇口の位置を気にせず、家中のどこにでも置けちゃいますね。

 

 

 

コンセントの位置と使い勝手を確認する方法

 

ウォータースタンドは蛇口から離れていても設置できますし、タンク式サーバーで水道直結しなくても使えるので、コンセントの位置基準で考えて大丈夫です。

 

 

ただ、それでも家庭によって使い勝手のいい位置は異なります。

 

 

 

 

設置したあとに「あっちの方が良かった!」なんてことにはなりたくありませんよね。

 

 

 

実は、いい方法があるんです。

 

 

ウォータースタンドは1週間タンク式サーバーを無料で貸し出してくれるので、ご自宅の一番いい場所を確認することが可能。

 

 

 

私も水道直結にする前には、お試ししてみて使い勝手や水の味を確かめてみましたから。

 

 

 

断っても大丈夫なので、コンセントの位置関係に悩んでいたり、水道水の味に不安を感じているなら、自宅で試してみるといいですよ。

 

最適なコンセント位置を確認するのにぴったり!ウォータースタンドの詳細を確認するにはコチラ⇒

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う
この記事を読んだ人はこの記事も読んでます