[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

みんなどんな風に置いてる?ピュレストの設置事例を紹介します

 

ピュレストを導入しようと思っているけど

他の人はどんな風に置いてるのかな?

 

どんな場所に置いてるんだろう?

 

水道とはどうやって接続しているのかな?

 

と今までサーバーを使ったことが無い場合

あまり想像がつかないかと思います。

 

 

水道化からの分岐でラクラク設置!

 

使い勝手のいい場所で使い放題しても月々たったの2,980円~!

気になるなら1週間無料お試しで使用感を試してみて!!

↓   ↓   ↓

 

 

そこで今回は

実際にピュレストを設置している事例を

ご紹介していきたいと思います。

 

どんなところに設置しようかと

悩んでいる方はこの記事を読んで

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

置けるスペースがあるなら床置きもおすすめ

ピュレスト床置きタイプ事例

ピュレストには床置きタイプと

卓上タイプがあって好きな方を

選ぶことが可能です。

 

 

 

十分にスペースを取れる場合は

床置きタイプでも問題ありませんね。

 

また、そこまでスペースが取れない

という状況でも大丈夫です。

 

卓上タイプも選択肢があります。

 

このご家庭では

キッチン周りのカウンターに

ピュレストを設置しているようです。

 

 

床にスペースがなくても卓上タイプなら

テーブルの上やピュレストを置ける台さえあれば

設置することができます(^^)

 

置き場所などの状況によって

どちらか選べるのはいいですよね!

 

 

設置場所はお好みでOK!ピュレストの公式サイトを見てみる⇒

 

ピュレストはキッチンに設置している人が多い

ピュレストはキッチンに設置している人が多い理由

設置事例を見ていると

ピュレストは普通のウォーターサーバーに比べて

キッチン周りに設置しているご家庭が

多いように感じました。

 

View this post on Instagram

【S市 M様邸設置 ありがとうございます】  S様はこの度 赤のピュレストを選んで頂きました。  赤の浄水サーバー、ウォーターサーバーって 見たことありますか?   これからのインテリアは家具も 個性的でオシャレなものが流行る時代。   浄水サーバーだって同じこと。 是非、ご自宅に個性的な赤の浄水サーバーが あるのを想像してみて下さい。     個性的な赤の浄水サーバー 「ピュレスト」をラインナップしているのは、 私たちダイオーズだけ。  あなたもはじめてみませんか? お水を買わない新しい暮らし  ダイオーズ水道直結式浄水サーバーPurest       #おうちピュレスト  #はじめようお水を買わない新しい暮らし #ダイオーズ  #水道直結式浄水サーバー #水道直結  #ピュレスト  #daiohs #purest #ペット  #犬 #トイプードル #おうちに小さなお水の工場

A post shared by おうちピュレスト (@ouchi_purest) on

 

ピュレストは水道直結サーバーなのでもちろんお水は使い放題です。

 

ピュレストの場合月額2,980円(税別)~

定額制なのでむしろたくさんお水を使った方が

お得だったりします。

 

会社などの設置で使う人数が多い場合は

飲用としてだけでもたくさん量を使えると思いますが

 

ご家庭に設置する場合は積極的に

料理はもちろんお野菜を洗ったりするのにも

使うことをおすすめします。

 

でもそのような使い方をする場合

キッチンから距離がある場所に

ピュレストを設置してしまうとこんな問題が・・・

 

例えば

お鍋にお水をいっぱい入れたいときや

野菜を洗う用にお水を

ボウルにたくさん入れたいときなどに

 

ピュレストからキッチンまで

距離があるとかなりの重労働になってしまいます。

 

なので、お家に導入する場合は

キッチンの設置がおすすめかなと個人的には思います。

 

ピュレストは会社や病院、お店にも多く設置されています

ピュレストは会社や病院、お店にも多く設置されている

ピュレストは普通のお家だけでなくて

病院やお店、会社のオフィスなどでも

設置事例がありました。

 

 

 

また今までは

オフィスでボトル式のサーバーを使っていたけれど

乗り換えたという声もありました。

 

ボトル式を使っていたけれど

空ボトルがとにかくスペースを取る、

また沢山お水を使うので

コスト面でも悩みがあったようです。

 

多くの人が利用するオフィスや病院、

お店などでボトル式のサーバーを

利用するとなると

使えば使う程コストがかさんでいきます。

 

ですが、ピュレストはどれだけのお水を使っても

かかる料金は月々2,980(税別)~

と水道料金と電気代のみ!

 

そこで

ボトル式からピュレストに乗り換えたら

悩みが解消したと評判がとっても高いです。

 

ピュレストはどんな感じで水道と繋いでいるの?

ピュレストはどんな感じで水道と繋いでいるの

あと水道直結サーバーで気になるのが

どのような感じで水道と繋いでいるのか

というところだと思います。

 

こちらの画像は設置後の水栓部分になります。

ピュレストの水栓部分

 

ピュレストの水栓部分画像

このように水栓部分に

専用部品を取り付けてピュレストと水道を

つなげます。

 

水栓からの分岐は付いている水栓によって

方法は変わってくるようです。

 

中には取り付け不可能なものも

あるらしいのですが

過去、設置不能だったのは

1割にも満たない件数と言われています。

 

 

こちらの投稿の4枚目にシンク下から

ホースを伸ばしている画像がありました。

 

View this post on Instagram

【東京都 江戸川区】 個人宅のお客様のお家に設置させて頂きました! とっても素敵なマンション スカイツリーが綺麗に見えます😚 お料理や普段の飲み水だけではなく、お子さんの通園・通学の際に水筒に入れて持っていく等様々な用途でご使用くださるようです。(嬉しい!!!!) 写真のように、シンク下から綺麗に分岐できました👌 こちらのお客様はRO水希望のため排水としていらないお水を出しています。排水は食器のつけ置き用や植物への水やり用としてご使用頂けます🌻 #ダイオーズ#ダイオーズジャパン#Daiohs#daiohs#ウォーターサーバー#ウォーターサーバーのある生活#水道直結#浄水サーバー#浄水器#定額#使い放題#ミネラルウォーター#美味しいお水は作る時代

A post shared by 株式会社ダイオーズジャパン ピュレスト (@purestdaiohs) on

 

床にホースを這わしていますが全く目立っていないですね。

 

また純水タイプの場合は排水がでるので

排水用のホースがシンクに垂れているのが

上記の画像で分かると思います。

 

そして、水道から距離がある場合でも

こんな感じで生活に邪魔になることなく

きれいにホースを這わせてくれるので安心です。

ピュレストのホースを這わせた画像

 

 

以上のように設置事例をご紹介していきました。

 

設置場所や、

水栓からどんな風に分岐するのか

少しはイメージが湧いてきたかなと思います。

 

どこにピュレストを設置するかあなたの参考になればうれしいです。

 

ピュレストの詳細を見に行く⇒

 

 

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます