楽水ウォターサーバーは楽天で購入した方がお得なのでは?実際はどうなのか調査してみました?

楽天でネットショッピングされている方は多いですよね。

なんでも揃っているし、価格も安いし便利ですよね!

ないものがないくらいなので、楽水のウォターサーバーもあるのではないでしょうか?

実際のところはどうなのか調査してみました。

お得に買えるのでしょうか?

[今だけ!!]乗り換えで1万円キャッシュバックキャンペーン中
 

定額制水使いたい放題!!

月額レンタル料

¥2,480(税別)~

WATER STAND(ウォータースタンド)

まずは1週間無料お試ししてみませんか?

↓↓↓タップで公式サイトへ

楽天で楽水のウォターサーバーは購入できるのか?

 

楽天で楽水のウォターサーバーの販売があるか検索してみると、楽水でも取り扱いのあるピュレストがなんと出てきたではありませんか!

楽水より価格は安かったです。

さすが楽天と思ったのですが、次にフィルターについて検索をかけたところ、フィルターは出てこない!

これではサーバーを購入できても、6ヶ月しか利用出来ません。

楽水ウォーターサーバーには3本のフィルターが必要なのですが、それぞれ交換時期が違い、最初に交換時期が来るものが6ヶ月です。

楽水フィルター

 

フィルターが販売されてなければ、それ以降使うことはできません。

お水は出てくるでしょうが、フィルターでキレイにろ過されていなければ、サーバーを使う意味がありませんよね。

フィルターだけ、楽水で購入することが出来るかを、楽水のコールセンターに問い合わせてみると、フィルターだけの販売は出来ませんと言われました。

更に、ピュレストが楽天で販売されていること自体が、メーカー側から禁止されていることなので問題の取り扱いのようです。

楽天に商品を出展しているのは、楽水ではなく他の業者ですよ。

楽天で商品は見つけれはしましたが、絶対に楽天での購入は避けてくださいね。

他のサイトに載っているのも、価格だけ見て安いからといって購入するのは危険かもしれません。

購入前に少し調べてみた方がいいかもしれませんよ。

 

楽天のサイトで楽水のウォターサーバーは購入できるかという疑問は、購入できないという結論にたどり着きました。

念を押して言いますが、決して楽天ではピュレスト買わないでくださいね!

 

楽水のウォターサーバーが楽天では買えないのなら、どうすればいいの?

 

楽水のウォターサーバーを購入したい方は、楽水ウォターサーバーの公式ホームページよりご購入できますよ。

楽水公式ホームページ

 

楽水のウォターサーバーはこれまでのボトル式のウォターサーバーとは違い、ボトルが必要なく手間いらずに利用出来るのが特徴です。

楽水のウォターサーバーは?
ご自宅の水道の水栓に専用のアダプターを取り付けて、サーバーとつなぎ水道水を高性能フィルターに通してキレイなお水を作り出す仕組みの水道直結型ウォーターサーバーですよ。

楽水水道分岐

料金設定が、定額使い放題なのでとてもお得にご利用いただけます。

 

これまでのボトル式のように、電話でボトルの注文や受け取り、重たいボトルを持ち上げての付け替え、ボトルの保管場所の確保が必要ありませんよ。

 

楽水ボトル不要

 

なにより心配なのが、支払い金額です。

お水を飲んだり使ったりするたびに、ボトルのお水が減っていくのを見て、もう1本注文したら支払いが増えるなと使うのをためらってしましそうですが、水道直結型ウォーターサーバーにはそのような心配はありませんよ。

なぜなら、楽水はレンタル料は定額使い放題だからです。

 

楽水のウォターサーバーにはレンタルと買取のシステムがあります。

■楽水の料金設定(税別)

プラン 料金 初期費用
ライト 2,980円 12,000円
DIY 2,980円 5,000円
給水タンク 2,980円 8,000円
冷水機 2,980円 12,000円
大容量 3,980円 12,000円
冷温水買取 150,000円 12,000円
冷水機買取 140,000円 12,000円
大容量買取 170,000円 12,000円

 

5つのレンタルプランと、3つの買取プランからお選びいただけますよ。

ピュアウォーターを希望すると、ROフィルターに変更になりプラス1,000円かかります。

買取の冷水機プランと大容量プランの変更は出来ないのでご注意くださいね。

楽水ウォターサーバーのレンタルプランは、レンタル料金が定額で、お水代は水道料金に加算されますが、1ヶ月100ℓ利用しても水道料は1ℓ当たりが0.2円から0.5円程なので50円程増えるだけです。

もしもボトル式で100ℓ分も使ったらボトル8本強必要ですね。

平均ボトル12ℓ入りで1500円程なので計算してみると、12,000円もお水代だけでかかることになります。

楽水ボトルとの料金比較

 

使い放題ならば飲料水だけでなく、お料理や炊飯、野菜洗いや洗顔など多くのことに我慢することなく利用出来ますよ!

 

楽天にはなかった楽水ウォターサーバーの良さとは?

 

楽水ウォターサーバーのおすすめポイントはどのようなところでしょうか?

定額使い放題なのでおすすめですし、他にも機能が充実で使い勝手がとてもよく好評ですよ。

楽水機能紹介

 

デザインがシンプルで、タッチパネルがとても見やすくわかりやすいデザインになっています。

中央のボタンだけではなく、使用頻度の高い冷水と温水に温水のロック解除ボタンは押しやすい上部分にも設置されていますよ。

冷水温水、体に優しい常温水まで利用出来ます。

常温水は、健康に気を付けている方に注目されていますよ。

体を冷やし過ぎず、冷え性や胃腸の弱い方には常温水がおすすめです。

今ではコンビニでもわざわざ常温の商品の取り扱いがあるほどですよ!

 

冷水は温度設定のボタンで3段階(5℃・8℃・12℃)の中からお好みの温度にセットすることが可能ですよ。

 

お湯の温度は加熱ボタンを押すと、95度まで上がります。

95℃まで上がるサーバーはなかなかありませんよ。

カップラーメンにちょうどいい温度ですね。

 

ロック機能が付いているので、小さなお子さんがいても安心して利用出来ますよ。

温水を利用前にロック解除ボタンを2秒程度押すと温水が使えるようになります。

 

部屋の明かりが消え暗くなると自動でエコモードになる、省エネ設定になっていますよ。

 

楽水最大の特徴ともいえる、自動クリーン機能が搭載されています。楽水自動クリーン機能

サーバーの背面にあるボタンを押すだけで、冷水のタンクを一時的に70度まで上げ加熱殺菌が行えますよ。

そのため、楽水には訪問メンテナンスは必要ないのです。

定期的にボタンを押しクリーニングすることで、衛生的に利用し続けられますよ。

クリーニングにかかる時間は3時間から4時間ほどかかるので、お出かけ前や就寝前にクリーンボタンを押すことをおすすめします。

 

機能がとても充実しているの、楽水のウォターサーバーを利用してみませんか?

定額使い放題なのでとてもお得にご利用いただけますよ。

 

定額使い放題で機能いっぱいの「楽水ウォーターサーバー」は公式ホームページより⇒

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます