「クールクーって良さげだけどうちに置くには大きいわ。。」

 

なんてあきらめないでくださいね。

 

クールクーはあなたがピン!ときた通り、かなりいいウォーターサーバーです。

サーバーの大きさでクールクーを諦めなくてもいいワケをご紹介しますね。

 

コンパクトサーバー希望者に朗報!クールクーには卓上がある!

 

クールクー 卓上

 

クールクーの卓上タイプは何だかひっそりとしていますがちゃんと存在しています(笑)!

 

床置きサーバーと卓上サーバーとの違いはサーバーサイズとタンク容量の違い程度。

床置きタイプ 卓上タイプ
サイズ幅 30cm 30cm
サイズ奥行 51cm 56cm
サイズ高さ 110cm 55cm
温水タンク容量 3リットル 2リットル
冷水タンク容量 3リットル 3リットル

 

こうやって比較してみると、大きな違いは高さくらいですね。

床置きサーバーはカウンターなど、どこかの上に置く必要がないわけなので案外良い場所が確保できるかも。

 

それでもやっぱり卓上タイプがいい!という場合は1つ気を付けておきたい点があります。

 

クールクー卓上タイプを選ぶなら知っておきたい1つの重要ポイントとは?

 

クールクー 卓上

 

クールクーはボトルが無いから手間なし、コスパよしの便利なウォーターサーバー。

 

一般的にサイズがコンパクトだと機能もコンパクトになりがちですが、クールクーはほとんど同じ。

どちらも遜色なく便利に使うことができるサーバーです。

 

ただ1点、卓上サーバーは使えない機能があります。

クールクーの卓上サーバーでは使えない!?特別な水とは?

 

クールクー 卓上

 

クールクーは水に含まれる不純物をほとんど取り除いたRO水のパイオニア的存在。

水道水を大型プラントと同じレベルの水にできるからこそ、クールクーは人気が高いウォーターサーバー。

クールクーの水のことがもっと知りたい!
クールクー 卓上
気になるクールクーの水の詳細は水がいいからこそ人気!おさえておきたいクールクー重要ポイントはこれだ!を参考にしてください。

 

さらに、クールクーはそのRO水に水素を充填する水素水コースもあるんです!

クールクーの水素水が気になる!
クールクー 卓上
RO水に水素を充填するクールクーの水素水の詳細はお店には売っていない!ワンランク上の水素水はクールクーで飲む!を参考にしてください。

 

残念なのはここ!

 

クールクーの卓上サーバーはこのRO水素水コースが使えないんです(泣)

 

RO水素水を家で使いたいなら卓上タイプを諦めなくちゃいけません。

 

でもそれ以外の

  • ピュアウォータータイプが使えるコース
  • RO水が使えるコース

 

これなら問題なく卓上タイプを選ぶことができます♪

卓上にしろ、床置きにしろどちらもクールクーのメリットを最大限に発揮できるサーバーには違いありません!

 

是非参考にしてくださいね。

 

水道直結ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
水道直結ウォーターサーバーの中で、一番おしゃれなデザインです
料金、デザイン、大きさ、など全てに関してパーフェクト。 roフィルターの性能のよさもそうですが、とにかく水が旨い!! これに尽きます。これを上回る水道直結のウォーターサーバーはないでしょう しかし残念な点が一つ。 まだ対応してない地域があるということ。 これが無ければ他を紹介することは無かったでしょう。
ピュレスト
水道直結ウォーターサーバーの中で最安値です
ピュレストは水道直結ウォーターサーバーの中で最安値。 これ以上安い水道直結ウォーターサーバーはありません。 それでなんと無料試しが出来るというサービス!! 業界に出たばかりですが凄い勢いで売れてます しかし残念な点が1点、それがデザイン面。 楽水ウォーターサーバーと同じサーバーが使用されてるので デザインがかぶります。
クールクー
roフィルターの性能は業界随一!放射性物質もなんのその!!
クールクーの凄いところはなんといってもroフィルターの性能。 放射性物質も完璧に取り除くほどの威力!! それはオレンジジュースを真水に変え、泥水を飲める水にろ過できるところ おそらくこれだけ高性能のフィルターを積んでいるウォーターサーバーはクールクーだけでしょう。 お子様がいる家庭では抜群に性能を発揮します!! しかし残念な点が1点、それは他のサーバーより料金が(1000円/月)高い事。 フィルターの性能を考えたら安いと思いますが・・・
楽水ウォーターサーバー
法人契約に特化した大容量サーバーあり!!大量にお湯を消費しても安心です。
楽水ウォーターサーバーのいいところは様々なサーバーが選べるところ。 roフィルターは要らないから安く、大量に使うから大きめのサーバー、 などロケーションに合わせてサーバーと料金を選べます。 スポーツジムなど大量にお湯を使うロケーションでも、最大冷水11ℓ、お湯4.5ℓのストックが出来るんです。 ただ残念な点が一つ、どのサーバーを選んでもほぼデザインが同じという点。 もう少し、デザインにバリエーションを持たせてくれればなぁ~と思う
この記事を読んだ人はこの記事も読んでます